アメリカ勉強旅行 2014年2月

アメリカ北部で、TPP問題についての意見を聞いたり、農業と農家の生活を視察したりしました。

家政学や農業経済学、フードシステム、和牛導入の第一人者など、州立大学の教授の方々のレクチャーを受けたり、たくさんの農村の女性とお会いしてディスカッションをして、意識調査をさせてもらいました。

どなたも誠実にご自分の考えを話してくれて、すごく勉強になりました。
農の営みへの想いは、どこの国にも共通しているのかもしれません。

※画像をクリックすると拡大します!

2014 アメリカ勉強旅行 Page View >>
#01#02#03#04

画像No.USA2014_01.jpg画像No.USA2014_01.jpg

2月8日、中部国際空港から出発!

しゃべれないけど、聞き取る能力だけは少し上げたい。機内でアメリカのコメディー番組を見て、聴いて、最後のあがきです。ー 場所: 中部国際空港 セントレア

画像No.USA2014_02.jpg画像No.USA2014_02.jpg

2月8日、デトロイト空港からアメリカに入国しました。

乗り換え時間に、初の食事、ハムサンド。
勘弁して! この大きさは無理です。
大きな口を開けても入らない厚さ。ナイフで切ったので、崩れて悲惨なことになりました。
初食事、残して無念。先が思いやられます。ー 場所: デトロイト空港

画像No.USA2014_03.jpg画像No.USA2014_03.jpg

フライドポテトは、2枚しか食べられませんでした。もったいない。

画像No.USA2014_04.jpg画像No.USA2014_04.jpg

2月9日、ミシガン州ランシングのスーパーの果物売り場です。

フロリダ、テキサスなどの表示があります。アメリカは広いので、国内産だけど、フードマイレージは大きい計算になりますね。でも5ポンド(およそ2.3kg)でこの値段。お店の人が快く撮影許可をくれました。ー 場所: ミシガン州ランシング

画像No.USA2014_05.jpg画像No.USA2014_05.jpg

かんきつ類の量は、圧巻です。
バラ売りのコーナーです。TANGERINESは、日本の温州ミカンのようなオレンジ。

画像No.USA2014_06.jpg画像No.USA2014_06.jpg

パイナップルの奥の棚には、たくさんのジャム類が並んでいました。

画像No.USA2014_07.jpg画像No.USA2014_07.jpg

スーパーの有機栽培の野菜コーナーには「DAIKON」がありました。
日本の冬大根より小ぶりで、表面はなめらかではありません。

画像No.USA2014_08.jpg画像No.USA2014_08.jpg

ズッキーニやレタスの味は、日本と同じでした。

画像No.USA2014_09.jpg画像No.USA2014_09.jpg

袋に入った小さなニンジン。

学生街や、後日訪れたニューヨークでは、なぜかニンジンや、野菜スティックを食べながら街を歩く人を結構見かけました。
まるでポッキーの箱を持つような感覚で、ニンジンや野菜スティックを持ち、耳にはイヤホーンをして颯爽と歩いているのです。トレンドなのでしょうか?

画像No.USA2014_10.jpg画像No.USA2014_10.jpg

ミシガン州立大学には、ナナカマドに似た赤い実をつけた木がたくさんありました。

広い構内には、たくさんの建物と、スタジアム、コンサートホールなどもあり、車も信号も多く、ひとつの町のようでした。
(2月10日、ミシガン州イーストランシングの州立大学内で撮影)

画像No.USA2014_11.jpg画像No.USA2014_11.jpg

アメリカの農業や農家の女性の現状についての講義を受けました。

この講義の時に、自己紹介と、私が日本の農業と食生活について考えていることを、英語で話しました。

ひどい発音なのに、学生さんたちは、真剣に聞いてくれました。あとは、通訳の方に頼ったことがほとんどですが、初めにそういう経験をできたので、片言でも恥を忍んで言えるようになりました。

画像No.USA2014_12.jpg画像No.USA2014_12.jpg

大学の農場でつくった野菜などを使ったアイスクリームを売っていました。日本の大学生協のようなところの1コーナーです。
子どもがおやつを買いに来ていました。

画像No.USA2014_13.jpg画像No.USA2014_13.jpg

ミシガン州立大学の前にあるお店。
講義を聴いたり話したりで緊張していたので、夕空の美しさにほっとしました。

画像No.USA2014_14.jpg画像No.USA2014_14.jpg

大学の屋外競技場。どこで見ても、夕焼けはきれいです。この日の気温はマイナス10度くらいでした。

I live in Sapporo,Hokkaido, northern Japan.
It is as cold as here.と言ったら、なぜかみんな微笑んでくれました。

画像No.USA2014_15.jpg画像No.USA2014_15.jpg

2月11日 ミシガン州バンゴー(ミシガン湖の近く)で、小規模農家、Windshadow Farmの見学をしました。

面積は、草地と建物を含め46エーカー(約18ha)です。
草はティモシーとリトルグラスという種類が中心だそうです。100匹の山羊がいます。チーズ工房と提携しています。

画像No.USA2014_16.jpg画像No.USA2014_16.jpg

山羊の酪農家スーザンとロンさんご夫妻。

スーザンさんは弁護士を今も続けて、家にいるときは手伝っています。
弁護士さんとして医療保険に加入できるということを失わないためにも二足のわらじを履いているそうで、彼女の兼業の目的に、アメリカの社会保障制度が垣間見えました。

画像No.USA2014_17.jpg画像No.USA2014_17.jpg

牧草を運ぶ車に「ソーラーパワー」と書いてあります。

日本に帰って調べようと思っていたのですが、今のところこのような農業機械をネットでも見つけることができません。これからも調べてみます。

画像No.USA2014_18.jpg画像No.USA2014_18.jpg

搾乳するところに置かれたバケツには、「キッコーマン」のロゴが! 
ちょっとうれしかったのですが、なぜそれを使っているかは伺ってもわかりませんでした。

画像No.USA2014_19.jpg画像No.USA2014_19.jpg

農家のロンさん、ミシガン州立大学のウイン先生、日本の大学からフードシステムの研究にいらしている佐藤先生、右端が私です。

画像No.USA2014_20.jpg画像No.USA2014_20.jpg

こんなにたくさんの種類の山羊を見たのは初めてです!

2014 アメリカ勉強旅行 Page View >>
#01#02#03#04

<動画スライドショーもご覧下さい>

NEWS

LinkIcon「きょう歩き」(日本農業新聞全国版)2018年11月7日掲載new009_06.gif
LinkIcon「ちゃぐりん」(家の光協会発行)9月号と10月号にインタビュー記事が載りました。new009_06.gif
LinkIcon「きょう歩き」(日本農業新聞全国版)2018年9月26日掲載
LinkIconジャパトラ(Japatra)の連載小説「木は生きている」は、2018年7月から9月までの3回、富山県小矢部市の明博さんを主人公に書きました。
LinkIcon「きょう歩き」(日本農業新聞全国版)を、2018年4月より執筆しています。
LinkIconジャパトラ(Japatra)の連載小説「木は生きている」は、2018年4月から6月までの3回、茨城県古河市の美登樹さんを主人公に書きました。
LinkIconジャパトラ(Japatra)の連載小説「木は生きている」は、2018年1月から3月までの3回、静岡県伊東市に育った龍一さんを主人公に書きました。
LinkIconジャパトラ(Japatra)の連載小説「木は生きている」は、2017年10月から12月までの3回、福岡県の洋子(ひろこ)さんを主人公に書きました。
LinkIcon『おいしい記憶』(中央公論新社)が12月10日に発売になりました。LinkIconジャパトラ(Japatra)の連載小説「木は生きている」は、7月号から9月号までの3回、京都の祇園に生まれた拓司少年を主人公に書きました。
LinkIconJC総研レポート2017年春号、夏号に「新たな「結」の形として②、③」を書きました。
LinkIcon感動通信 vol.50(一般社団法人 中央酪農会議)にインタビューが載りました。
LinkIcon麻生病院の広報誌「4133」を更新しました。
LinkIcon「ハッカの薫る丘で」(中公文庫)書評続々掲載!
LinkIcon「ハッカの薫る丘で」(中央公論新社・文庫本)、11月18日に発売!
LinkIconこれまでのニュースはこちら >>

森久美子のFacebookバナー森久美子のFacebookバナー内閣府バナー.png内閣府バナー.png

出演依頼/森久美子(もりくみこ)北海道札幌市在住 作家・エッセイスト出演依頼/森久美子(もりくみこ)北海道札幌市在住 作家・エッセイスト

ホームアイコン30.jpg HOME > 01 アメリカ勉強旅行