森 久美子(作家・エッセイスト)プロフィール

 
北海道札幌市在住の作家 小説・エッセイエスト

 
札幌生まれ。
 藤女子高校卒。北海学園大学工学部建築科中退。放送局、映画配給会社に勤務。
 
1995年
 朝日新聞北海道支社主催「らいらっく文学賞」に、開拓時代の農村に生きる少女の成長を描いた小説で入賞。以来、朝日新聞、北海道新聞、読売新聞などの新聞や多くの雑誌に小説とエッセイの連載を持つ。
 現在、日本農業新聞コラム「きょう歩き」 、農業共済新聞のエッセイ「わたしのひとりごと」、月刊誌「ジャパトラ」に古民家再生をテーマにした小説「木は生きている」を連載している。
 
1999年
 FMアップル「北の食物研究所」のパーソナリティーとして、2011年3月まで毎週「食と健康」をテーマに対談。放送回数588回。
 (番組の内容は http://www.aeca.or.jp の目次より「北の食物研究所」から見られます)
 
2002年
 第8回ホクレン夢大賞・農業応援部門優秀賞受賞
 
2004年
 農業農村工学会賞・著作賞受賞
 
2014年10月より1年間(303回)、日本農業新聞に小説「青い雪」を連載。
 
公職など
 農林水産省 食料・農業・農村政策審議会前委員、現臨時委員。
 北海道農業・農村振興審議会委員や、北海道開発局、北海道教育庁、JA自己改革に関する有識者会議委員など、農業や食、教育分野の委員を務めている。
 
<著書>
・「古民家再生物語」(中央公論新社)
・「おいしい記憶」(中央公論新社)
・「ハッカの薫る丘で」 (中公文庫)
・『わがままな母親』(芳賀書店)
・『母のゆいごん』(共同文化社)
・『食育実践記 きゅうりの声を聞いてごらん』(家の光協会)
・『背信 待ち続けたラブレター』(共同文化社)
・「食」と「農」を結ぶ 心を育む食農教育(筑波書房)
 
<編著>
・「北の食と土地改良」第1集〜第12集
 
森久美子|北海道札幌市在住の作家 小説・エッセイエスト
森久美子|北海道札幌市在住の作家 小説・エッセイエスト
森久美子|北海道札幌市在住の作家 小説・エッセイエスト
森久美子|北海道札幌市在住の作家 小説・エッセイエスト
主な著書 森久美子|北海道札幌市在住の作家 小説・エッセイエスト

お問い合わせメール

執筆、講演、メディアへの出演のお問い合わせはこちらから